頭痛の症状は千差万別|緊張型頭痛にはマッサージが有効

締め付けられる痛みから開放もっと早く知りたかった解決策

正しい頭痛対策

男性

緊張型頭痛がある場合には、鎮痛剤の乱用に気を付けることが必要です。頭痛のタイプを把握することで、適切な治療が受けられるようになります。鎮痛薬を飲む場合は、日付をメモしておくことが、薬の乱用を避けるためのポイントです。

View Detail

頭の痛みにさようなら

微笑む女の人

ニーズの高い頭痛のケア

頭痛があることで日常生活に支障をきたすケースは珍しくありません。その痛みを解消する治療は、現代社会において頭痛患者からのニーズが高いもののひとつです。頭痛があることの辛さとしてよくあげられるものが、集中力を欠き仕事に集中できない、続く痛みに苦しみを感じる、思考力が低下する、しゃべる度に頭に響く、といったものがあります。ひどい人になると目の前がチカチカしたり嘔吐する場合もあります。頭痛持ちの人は多くいますが周りに頭痛の人がいない場合、周囲の理解が得られないため辛さを分かってもらえずに二重に苦しむ人もいます。理解されない苦しみと続く実際の痛みに悩まされ気分の落ち込みなどの症状もでる人もいるため、たかが頭痛と思わずに解消法や治療をはじめることが大切です。中には病気の可能性の頭痛もあるため、頭痛に悩まされている人はひとりで抱え込まずに専門機関を受診する必要があります。特に長い間頭痛に悩まされている人には根本からの治療が不可欠です。最近では頭痛のケアへの知識が以前より広がり関心が高まっているため色んな種類のケアを試す人も多くいますが、まず専門家の指示を仰ぐことが確実で安心です。頭痛の種類は様々で、緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛、混合タイプというものがあります。また歯の噛み合わせが原因という様な頭以外が原因の場合もあります。中でも緊張型頭痛は最も多くみられる頭痛です。

最も多い頭痛とは

頭痛の中でも最も多くの患者がいる緊張型頭痛とは精神的、肉体的なストレスからくる頭痛でストレス頭痛とも呼ばれます。過度なストレスや無理な姿勢による緊張が血行を悪くするため、酸素や栄養分が身体に行き渡りにくくなり首や肩の筋肉が緊張し、頭痛をおこします。この頭痛は重苦しいにぶい痛みがあるもので、どの年代にも起こりうる頭痛です。また緊張型頭痛の特徴として、毎日同じ痛みがある、肩や首がこる、軽い眩暈がするといった症状があります。動くと痛みが軽減される場合が多く、仕事や家事もなんとかこなす人が多いです。緊張型頭痛と診断された場合、クリニックなどでの治療としてこの頭痛の根本である精神的、肉体的ストレスの改善のために投薬治療があります。他の治療法としては筋肉自体をほぐすために電気治療、鍼灸や温熱療法、また体質改善を狙って漢方を処方する場合もあります。緊張型頭痛の場合、筋肉の緊張によるものであるためマッサージやストレッチなども有効です。デスクワークも肉体的ストレスの一環となるため、パソコン作業などの合間に筋肉をほぐすストレッチをすることで血行改善につながります。体を温めてマッサージをすることも血行が良くなるため入浴後にマッサージを行うなど筋肉をほぐす習慣を身につけることが緊張型頭痛の予防には大切です。緊張型頭痛の特性を知らずに自己判断で毎日鎮痛剤を飲んでしまうなどといったことで薬物乱用頭痛を起こしてしまう人も少なくありません。根本的な治療のためにもまずは専門医で診断してもらい、自分の頭痛のタイプを知ることから始めましょう。

緊張型の頭痛の治し方

男の人

緊張型頭痛が起こると、仕事や家事など日常生活を送るのがとても辛くなります。しかし、緊張や筋肉をほぐす習慣を取り入れたり、病院を受診して自分に合った治療を受けることで症状は改善します。

View Detail

神経内科における治療

女性

炎症を起こした筋肉に締め付けられて筋緊張型頭痛は起こるので、筋肉の炎症を緩和すると改善します。そこで神経内科では、消炎鎮痛剤を使用することが多いのです。まず非ステロイド性消炎鎮痛剤は、炎症を改善して頭痛の治療を行うことが可能です。またアセトアミノフェンは、食後以外や小児でも服用できます。

View Detail

Copyright© 2016 頭痛の症状は千差万別|緊張型頭痛にはマッサージが有効 All Rights Reserved.