頭痛の症状は千差万別|緊張型頭痛にはマッサージが有効

女性

正しい頭痛対策

男性

薬の乱用に注意

頭痛の中でも、筋肉の凝りや精神的ストレスが原因になっているのが緊張型頭痛です。緊張型頭痛は、概して肩や首筋が凝り固まることで血流が滞り、痛みが生じてきます。血流が悪くなると、一層症状が治りにくくなることが問題です。日頃頻繁に頭痛に悩む方の場合には、市販の鎮痛薬などを常用していることがあります。こういった鎮痛薬を飲むとある程度痛みが軽くなることから、場合によっては薬が手放せなくなるケースが出てくるのが厄介な点です。緊張型頭痛に関しては、こういった市販の鎮痛薬の効果が通常得にくいと言えます。若干痛みの感じ方が変わってくることはありますが、血流状態が回復しない限り完全に薬で痛みを抑えることはほぼ不可能です。こういった緊張型頭痛で鎮痛剤を頻繁に使用した場合、服用量が次第に増えていきます。緊張型頭痛には本来余り効果が期待できない薬であるにもかかわらず、症状の緩和を求めて乱用に陥ってしまうのが一般的です。鎮痛剤の乱用には、通常精神的な不安や心配が大きく関係しています。痛みの発作を恐れる余り、必要のないときまで薬を飲んでしまう方が実際多いです。薬を飲まないことが新たなストレスとなるため、場合によっては薬を控えることでさらに頭痛が悪化するケースも見られます。このような事態を避けるためには、自分の頭痛が緊張型頭痛であることを早めに掴んで適切な治療を受けることが必要です。頭痛に詳しい診療科を受診して、専門医のもとでベストな治療法を見つけることが求められます。

服用した日をメモ

薬の乱用に陥らないためには、治療を受け始めた場合でも適量を守るようにすることが必要です。服用した日付や時間などをその都度メモしておけば、うっかりカウントし忘れてしまうこともなくなります。服用量も忘れずに記載しておくのが、この場合のコツです。こういった記録を残すことで、どのような時に頭痛が発生しやすいのかが、多少なりとも見えてきます。緊張型頭痛は日頃の生活習慣に問題があることが多いため、痛みの起こりやすいパターンを押さえておくのがベストです。緊張型頭痛は、実のところ精神的なストレスが少なからず関係しています。この手の精神的な要因が大きいと判断された場合は、治療でも精神安定剤や抗不安薬が適用です。心にかかっているストレスを取り除くことにポイントが置かれるのが、こういった治療法と言えます。また、血流改善薬などが用いられることも出てくるのが、緊張型頭痛です。薬で血流を促進することで、痛みが和らぐケースも見られます。鎮痛薬は、確かに緊張型頭痛の治療法の一つです。ですが、他のアプローチも可能であることを本人や家族が理解しておくことが重要と考えられます。専門医の診察を受けることで、症状に応じた適切な薬が処方されることは症状を改善するために役立つ大きなメリットです。頭痛外来などが昨今では開設されているため、専門医も見つけやすくなっています。頭痛の治療では、痛みの原因や頭痛のタイプを正確に見分けることが非常に大切です。今後は、専門医の診断に期待がもたれます。

Copyright© 2016 頭痛の症状は千差万別|緊張型頭痛にはマッサージが有効 All Rights Reserved.